脂肪吸引の方法と効果

脂肪はダイエットをするだけではなかなか減らすことができません。
そのため、脂肪を無くしたい場合は、脂肪吸引を行う必要があります。

脂肪吸引とは、美容外科などで行われている施術で、カニューレという吸引管を皮膚内に入れ、細くしたい部分の脂肪細胞を吸い取っていくものです。

脂肪細胞そのものを取り去ることができるため、ダイエットで起こるリバウンドのリスクもなく、脂肪が気になる部分だけ痩せることができるというメリットがあります。



脂肪細胞は、脂肪は合成されたり分解、蓄積される細胞のことで、エネルギーを蓄える役割があります。

この脂肪細胞が大きくなったり、小さくなることで、人間は太ったり痩せたりし、カロリー摂取量が増えると小さくなっていた脂肪細胞が肥大化して体重が増えます。

しかし脂肪吸引は、脂肪細胞そのものの数を減らすことで太る要素を減らすことができるので、施術後は脂肪がつきにくくなります。

NAVERまとめの情報を提供しているサイトです。

脂肪吸引はダイエットとは違い、ダイエットは体重を減らすことが目的ですが、脂肪吸引は脂肪細胞を無くしてボディラインを整えていくため、食事制限や運動など肉体的、精神的に苦痛を感じることもなく、すぐに痩身効果を得ることができます。

無理なダイエットを行うと起こりやすくなるリバウンドも脂肪細胞自体の数が少なくするため、起こりにくくなるのです。



最近では、カニューレを使用しない施術も行われており、体に負担のかかる切開手術が不要であるため、ダインタイムや痛み、腫れも少なく、人気を集めています。