荷物の邪魔にならないストールを東京夜行バスで活用

乗車客が快適に過ごせるように東京夜行バスでは、社内の空調をできるだけベストに調整をしています。

しかし人によっては寒かったり、反対に暑いなど感じる事があるため、東京夜行バス乗車時には、衣類のコーディネイトにも注意が必要です。席の上には風量を微調整できるところがありますが、全体の温度を自分に合わせることはできません。だから東京夜行バスを選ぶ際には、本人での体温調節をしやすい服を用意することです。

体温の自己調整に役立つアイテムとしては、前開きをする衣類であり、カーディガンやパーカーなどは脱いだり着たりするのも簡単にできます。スウェットも楽ですしジャージを選択するのもひとつであり、リラックスできて温度を自己管理できる衣類がこの時ばかりはベストです。冬であればひざや腰回りが冷えやすいですし、夏であってもエアコンが強いと深夜に寒くて目が覚めてしまいます。人と自分の温度の感じ方は一緒ではないので、常に自分のベスト温度に近づけるように工夫が必要です。

その際にも役立つのは大き目のストールであり、いつもは巻いてお洒落に使っているとしても、夜行バスでは寒さ対策にもなります。車内で寒いと感じた際には、サイズも大きいので羽織ることができますし、意外と涼しさを感じやすい首回りにも巻き付けて使用をすることが可能です。寝ている最中の足の開きが気になる時も、冷えることを気にする際にもひざにかけられますし、畳めるので邪魔にもなりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *