関東発着の日帰りスキー

関東地方からの発着のスキーツアーの場合、日帰りで楽しめる範囲は意外と広いものです。

たとえば、新潟や長野、群馬の方面であれば、水上、苗場、湯沢、白馬といったあたりが有名どころといえるでしょう。また、栃木方面であれば、那須、尾瀬などといったところが定番となっています。いずれの場合もそうですが、関東の中心部からスキーのゲレンデがある方面まで、新幹線や高速道路が走っていますので、鉄道で行く場合であっても、貸し切りのバスで行く場合でも、日帰りで十分に間に合うだけの距離といえます。

関東発着のスキーツアーのなかでも、最近はバスを利用して朝方に都心部を出発し、現地には午前中に到着、その後はひとしきりスキーに興じて、夕方に帰りのバスで都心に戻るといったタイプのものが人気となっています。こうしたツアーであれば、仕事がいそがしいサラリーマンであっても、週末の休みさえ確保できれば、気軽に趣味に没頭できるというのが、やはり人気の秘密であるといえるでしょう。

都心を出発するとはいっても、やはり板やウエアなどの重装備は自宅から集合場所まで持ち込まなければならないのがふつうですが、最近ではこうした持ち物さえいらないツアーというのもあらわれてきています。予約さえしておけば、現地のレンタルショップで一式を借り受けて利用できるというもので、通常は申し込み時にパッケージとして提示されているため、たいへん便利であるといえるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *