関東でスキーツアーに参加するメリットとデメリット

関東でスキーツアーに参加すると、宿泊つきならナイターで滑れる、ご飯が美味しい、写真撮影に最適などのメリットがあります。

カスキーツアーが宿泊つきだった際は、ナイターで滑ることができます。夜間ライトに照らされたゲレンデは、幻想的な風景なので、一度ナイターで滑れば病みつきになるかもしれないです。可能な時は、一緒にツアーに参加した仲間を誘って滑ってみるといいです。また、関東の山奥に移動することになるため、宿泊施設で出される料理の中には、その地域独特の山の幸も登場します。

どれも美味しいですが、食べ過ぎてしまうと動けなくなるので程々にしておいたほうが無難です。それにお酒を飲み過ぎると、お風呂に入れなくなるので控えておいたほうがいいです。あと、関東の雪山の景色は絶景とも言える美しい自然なので、スキーの手を止めて立ち止まって見るのも悪くないです。写真を撮っておくと、後々良い思い出として残るので1枚撮影しておきましょう。

デメリットは雪山への道のりで乗り物酔い、吹雪が起こると滑れないなどです。雪山へ移動する際の乗り物は、大きなバスを使うことがほとんどです。高速道路を通行中は揺れないですが、山に入って来ると、急カーブが多いので自然と酔ってしまいます。酔い止め薬が便利ですが、飲むのを忘れた時は、雪山に入る直前で眠ると効果的です。また、吹雪が起きた時はお客の安全が第一なため、スキー場の利用が一時的に停止されます。ただ、時間が経てば元の雪山に戻るので大丈夫です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *