フランスツアーでパリに行く

フランスツアーで確実に押さえておきたい都市はパリです。

パリは20の区で成り立っており、セーヌ川が東から西に流れているので、北側は右岸で南側は左岸と呼ばれます。エッフェル塔はツアー最初の目的地になることが多いです。パリの象徴であり、エッフェル塔を中心に街が展開されています。現在は多くの人が見聞きしているので、立派な観光名所ですが、建設当時は奇抜な外観を否定的にとらえる人も多かったです。

建設反対派には芸術家も多く、連名で陳述書を提出することもありました。そのような困難を超えて残ったエッフェル塔は、観光客の写真撮影の場になっています。パリ1区にあるルーブル美術館は、ツアーに入れている旅行会社がほとんどです。世界最大級の美術館で、日本にある美術館や博物館とは違った歴史の重みを感じさせる場所です。フラッシュ撮影は禁止ですが、写真撮影とビデオ撮影はできるので、印象に残った作品は映像に残しておくと良いです。

ツアーではショッピングの時間が設けられていますが、バスティーユ広場で楽しむことができます。バスティーユ広場はかつてフランス革命が勃発した場所ですが、現在は周辺にカフェやオフィスなどが設置されています。

おしゃれなブティックや小規模な美術館などがあり、芸術分野で注目されているパリのトレンドが集まっています。シャンゼリゼ通りも買い物に最適で、全長およそ3kmのマロニエの並木道に沿って、店舗が軒を連ねています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *