ツアー旅行のメリットとデメリットについて

バスや鉄道会社、旅行代理店などが募集するツアー旅行には様々なメリットがありますが、一方でデメリットもある事を忘れてはいけません。

ツアー旅行のメリットは、年末年始やお盆などの混み合うシーズンでもバスや鉄道の座席の他、宿泊施設が確保されていることです。新幹線や航空機利用のコースでは目的地周辺で専用バスが用意されるので、荷物の運搬の問題もなく、観光ポイントへも歩く距離が短くて済みます。

スケジュールには主な観光ポイントの見学が組み込まれています。行程中の食事が含まれているので安心です。多くの場合、添乗員が付いているので、何か問題が起こってもすぐに対処してもらえます。一般的に個人で同じ行程を行くよりも効率的に移動ができ、旅費が安く済むので、時間もお金も節約できます。この様に良いことばかりのようなツアー旅行ですが、デメリットがあることも頭に入れておく必要があります。

ツアー中はすべて団体行動となるので、自分勝手な行動が出来ません。気に入った観光ポイントでゆっくりしたいと思っても、スケジュールは決められた通りに消化する必要があり、添乗員の指示に従わなくてはなりません。特に集合時間を厳守しないと後のスケジュールに大きな影響が及び、ホテル到着が大幅に遅れたりしてツアー全体に迷惑が掛かります。

また食事についても利用するレストランや食堂が前もって決められており、不満があっても変更は出来ません。喫煙は移動中の車内では出来ず、決められた場所だけになるので、愛煙家にはとても不便です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *