ツアーのパンフレットについて

ツアーの計画をする場合に、最初に目にするものとしてパンフレットがあります。

ここでの内容には、ツアーに関する重要なことが記載されているために必ず目を通す必要があり、不明な点や疑問点がある場合には、事前に旅行会社に確認をすることが大切なことになります。まず、出発日に関する項目があります。ツアーでは、同じ内容の旅行の場合でも、その料金は出発の時期によって異なっており、最も高くなる時期としては、ゴールデンウィーク、年末年始の期間を上げることができます。

通常、パンフレットには旅行代金カレンダーがついており、出発日によって料金が細かく設定されているために、事前に自分の希望する日程と照らし合わせて確認をしておく必要があります。次に、申込金があります。

ツアーの申込に関しては予約金を支払う必要があり、国内旅行の場合には料金の20%以上、海外の場合には、その料金が15万円未満では2万円以上、15~30万円未満では3万円以上などと決められており、ここでの金額と申込書を旅行会社が受け取って、初めて契約が成立をしたことになります。3つ目としてはキャンセル用に関する項目があります。

旅行は、場合によってはキャンセルをすることもあり、ここでの内容は違約金とも関係するために十分に理解をしておくことが必要です。ツアーでは、申込金を払ってから参加を取り消す場合、国内旅行では出発日の20日前から、海外旅行では30日前からキャンセル料が生じることになります。

特に海外旅行の場合、ゴールデンウィークや年末年始では40日前から生じることになり、当日の場合には、国外、海外を問わず、旅行代金の半額を請求されるために注意が必要になります。キャンセルは、出発日が近くなればなるほど高額になるために、行う場合にはできるだけ早い時期に判断をし、連絡をすることが大切になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *