繁忙期とツアーの予約について

ツアーの申し込みをするにあたっては、つねに予約がいっぱいで断られてしまうか、キャンセル待ちとなってしまう可能性についても考えておかなければなりません。

とくに、ゴールデンウイーク、シルバーウイーク、お盆や正月などといった、一般の人々の休みが重なるような時期は、繁忙期ということばで言い表されていて、よほど人気のあるようなツアーであれば、発売開始となった当日に、既に満席で予約がとれなくなってしまうといったこともあるくらいです。

こうしたことから、繁忙期のツアーに申し込むのであれば、早めに行動することをこころがけるべきものといえます。早めに行動するメリットというのは、単に予約が確実にとれるということだけではなく、実は旅行代金が割引になるということも挙げられます。

通常のツアーであれば、早割とよばれるような、予定日よりも数か月前までに予約をした人に限定した割引制度を設けているものです。特に、途中の行程で航空機を利用するような場合には、航空料金そのものに早割の制度がありますので、まずこうした制度が利用できると考えて差し支えないでしょう。

これとは逆に、旅行客がなかなか集まらないようなシーズンもあり、こちらは閑散期とよばれています。しかし、閑散期だからといって、ツアーの予約を先延ばしにしてしまうと、早割の適用はありませんので、やはりできることであれば、早めに予約を入れておくというのが正解といえるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *