国内最大級のゲレンデに行くなら志賀高原でスキーを

日本国内で最大級の広さがあるスキー場は実は北海道ではなく志賀高原にあります。

最長滑走距離が数キロあるような長いコースもコース取りによっては実現できるので、志賀高原のスキーならば楽しむ滑り続けられる魅力があります。単調なコースがあると飽きてしまうのがウインタースポーツの弱点ではありますが、これらのスキー場ならば一日では攻略しきれないほどのバリエーションのあるコースがウインタースポーツ好きを待ち受けています。

周辺施設も充実しており、ゲレンデと共に発展を遂げてきた自治体なので、どこのホテルに行っても受け入れ体制が整っており、道具一式を保管しておけるスペースが必ずあります。

志賀高原の近くには一流ホテルから温泉などの宿泊施設がありますから、ゲレンデの近くの宿に予約して、オープンからクローズの時間帯まで滑り続けるとより楽しめます。ツアープランはかなり豊富な内容があり、近隣の自治体や関東からの日帰りツアーから、宿泊しながら滞在して好きなだけ滑ることができるプランなど、様々です。

ウインタースポーツ好きの場合にはなるべく長く滞在できるプランを選ぶことで、自分の技術をより向上させることが可能です。スキー旅行に出かける時には志賀高原ならばどんな腕前の人でも楽しむことが可能ですので、初心者から検定持ちのエキスパートまでそれぞれのレベルに合わせた滑りが楽しめます。

スキーの本場に出掛けるなら志賀高原で楽しみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *