八方尾根スキー場には観光も楽しめるリフト券がある

八方尾根スキー場には初級者コースを初め、スキー経験をある程度持っている人のための中級者コース、ベテランスキーヤーのための急斜面など、起伏が激しいゲレンデの上級者コースなど、レベルに合わせてスキーを思い切り楽しめるゲレンデです。

八方尾根スキー場のリフト券には色々な種類が用意してある事、特定ゲレンデでは別のリフト券が必要になるコースもあるため、事前にインフォメーションを利用してリフト券の種類や使い方などを把握しておくのがお勧めです。

ちなみに、最近はスノーボードを楽しむ人が多くなっていますが、八方尾根スキー場の中には中級者スノーボーダー向けコースやファミリー向けコースも用意してあるので、スキーに飽きた時などはこうしたゲレンデを利用するのもお勧めです。

1日券や2日券などのリフト券を利用すれば自由にゲレンデを選んでスキーおよびスノーボードを楽しめます。八方尾根スキー場の中でも最も上に位置するのがグラートクワットと呼ぶリフトです。

このリフトの終点は八方池荘と呼ぶ山小屋がある場所で、北アルプスの登山口となっています。冬季登山は限られた登山家だけが出来るアウトドアスポーツ、スキー場の中にあるリフトを乗り継いで登山口までのアクセスを行うケースもあります。

また、こちらのスキー場には観光専用のリフトも用意してあるのが特徴です。咲花北尾根クワッドリフトはスキー場の最下部にあるリフトで、こちらのリフトを利用して景色を堪能できる、北尾根VIEWチケットを使えば、このリフトで観光が出来るようになっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *