八方尾根スキー場のリフト券の種類には何があるのか

八方尾根スキー場には名木山エリアに名木山第3トリプルリフトや第2ペアリフト、八方第1ペアリフトがあり、これらのリフトを囲むように、八方尾根の中部に続く、八方リーゼンクワッドリフトとゴンドラリフトのアダムがあります。

他にも国際第3ペアリフトやパノラマペアリフトなど、スキーやスノーボードを思い切り楽しめる環境づくりが行われています。八方尾根スキー場のリフト券は、特定のリフトを除いて1日楽しめるチケットと2日間通しで楽しめるチケットを基本にしており、他にもナイター専用のリフト券や障害者手帳をお持ちの人のための障害者1日券などもあるのでニーズに合うものを選べます。

リフト券の料金は大人と子供、そしてシニアの3種類に分かれているのが特徴で、未就学児童はリフト無料、シニアは満60歳以上からになります。但し、シニア割引を利用する場合には運転免許証や健康保険証などのような生年月日が分かる証明書の提示が必要になるので忘れずに持って行くようにしましょう。

また、子供料金は6歳以上の小学生が対象になります。八方尾根スキー場のリフト券には特別割引デイの時には普段よりもお得な料金でリフトの利用が可能になっています。

例えば、スキー場がオープンしてから12月15日までの間には初滑り割引1日券がありますし、シーズンも終盤を迎える3月26日から5月6日までの期間は春スキー割引1日券を用意しています。

さらに、12月から4月までの毎週第3日曜日はスキー子供日として料金が無料になるなどお得な料金でリフト利用が出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *