スノボーは日帰りで楽しめる

仕事の休みは土日祝日というカレンダー通りの休みで休日が取れる人もいますが、そういった人が休みの日に出かける場所でもあるお店で仕事をしている人になると、土日祝日は必ず出勤というシフトも多いものです。

そうなれば、仲間と集まってスノボーに行くにも連休のタイミングが合わないこともありますが、日帰りであればシーズン中に一回は行くことができるでしょう。スノボーバスツアーは、基本プランとしては日帰りとなるので、連休が取りにくいという職場環境の人や仲間との休みがなかなか合わせにくいという場合でも役立ちます。

日帰りスノボーバスツアーには、大きく分けて朝発と夜発の二つのプランが用意されています。主流となっているのが夜発のプランとなり、夜の21時から0時頃といった遅めの時間に出発することになります。

車中泊になるのですが、全員がバスに乗ったらカーテンを閉めて電気が消されてゆっくりと眠れる環境が作られます。寝ている間にバスはゲレンデに向かって走り続けることになり、朝に目が覚めるとゲレンデに到着をしていることになります。

いつも混雑をしているイメージもあるゲレンデでも、早朝のリフト運行開始時間はまだお客さんが少なくてすいていることになります。このゴールデンタイムから滑り始めることができるので、日帰りであってもたくさんの本数を滑ることができるため大満足をすることができます。

夕方には出発をしてその日の夜には帰って来ることになるのですが、移動中に仮眠をとっておけば疲れも残すことがありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *