脂肪吸引の方法の変遷

黎明期の脂肪吸引には、脂肪に直接超音波を照射して破壊する体内式超音波が利用されておりました。

この方式の中でも、初期のものは超音波の出力が過剰であることから、火傷や炎症などのリスクが付き物でした。その次に、皮膚表面に超音波を射出して脂肪を破壊する体外式超音波が利用されるようになりました。


身体への負担が従前より小さくなったものの、依然として皮膚を火傷する危険性が解消されませんでした。



さらに後続として、カニューレ自体が振動して脂肪を破壊するパワーアシスト方式が採用されたものの、こちらはハンドピースが大きいなどの理由で現在ではほとんど利用されなくなりました。

口コミで評判のTwitterはとても評判が良いです。

こうした経緯を経て、脂肪を軟化させるレーザーを射出することで身体への負担を少なく留めるエルコーニアレーザー方式が開発され、こちらは現在でも広く利用されております。さらに進歩したものとして、水流を利用して脂肪の分解や吸収を行うボディジェット方式が開発されており、身体への負担が特に少ないということで今日では脂肪吸引における主流の方法の一つとして位置づけられております。

最新の技術としては、カニューレの先端から特殊な振動エネルギーであるベイザー波を射出する方式が注目されております。
身体への負担が少ないだけでなく、止血効果や肌の引き締め効果など、従前の方法では確認されない利点もまた有しております。


皮下脂肪の約90%を吸引することも、これまでの脂肪吸引では実現できない効果でした。